スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速料金 政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で(毎日新聞)

 政府・民主党は21日、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長らによる首脳会議を首相官邸で開き、国土交通省が今年6月から導入すると発表した高速道路の新たな上限料金制度について、見直しを検討することで一致した。小沢氏が「一部値上がりしているのはおかしい」と指摘し、首相も「引き取らせてもらう」と受け入れた。政府がいったん公表した新料金制度を事実上撤回する方向になったことで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に続き「決められない政権」の混迷ぶりと求心力低下があらわになった。

【上限料金制って?】高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

 実質値上げとなる新料金制度には参院選への悪影響を懸念する党内から異論が出ていたが、問題が鳩山首相と小沢幹事長が出席する首脳会議の場までもつれこんだ背景には小沢氏の強い意向がある。

 小沢氏は会議で「いままで民主党が言ってきた高速道路無料化という概念に新料金制度は入るのか」と指摘し、新料金制度が09年衆院選の政権公約(マニフェスト)で掲げた「高速道路無料化」に違反すると突きつけた。平野博文官房長官は会議後、記者団に「ごろっと変えることはありえない」と強調する一方で「(新料金制度が)民主党が主張してきたことにあっているのか、もう一度検証させる」と述べ、基本的に小沢氏の考えに沿って見直す考えを示唆した。22日にも国交省に再検討を指示する。

 新料金制度を巡っては、最大3割引きなど手厚い現行割引の継続を求めるトラック業界や、流通コスト増大でダメージを受ける地方からの反発が強い。民主党トラック議連事務局長の石井章衆院議員は15日、国会内で小沢氏と会った際、全国の運送業者などから苦情が多数寄せられていることなどを伝えた。小沢氏は「もう一回、精査しないといかんな」と述べたという。

 小沢氏は21日午前、山岡賢次国対委員長から「(マニフェストでは)無料化のはずが、値上げになるのは納得できないという意見が党内に多い」との報告を受け、首脳会議前に国会内で馬淵澄夫副国交相と会った際には「複雑で分かりにくい」と新料金制度を批判したという。

 しかし、そもそも新料金制度が実質値上げになったのは、小沢氏が昨年末の政府への党の要望で、国が料金割引用として道路会社に支援している財源(08年度から10年間で計約3兆円)を道路建設に転用するよう求めたためだ。当初、前原誠司国交相は反発したが、結局、割引財源を東京外郭環状道路などの道路建設費(約1・4兆円)に回せるようにする道路財政特別措置法案を提出、割引に使える財源は約半分に減ることになる。

 こうした事態に、民主党の川内博史・衆院国土交通委員長が公然と反発。法案審議が進まない異常事態になっている。川内氏は「(昨年の党要望で)小沢氏は、地方の不採算道路の建設、1000億円程度に財源を回せと言っただけで、国交省はやりすぎだ」と指摘し、財源が地方だけではなく外環など都市部の道路建設に充てられることを批判する。

 しかし、政府がいったん公表した制度を「選挙優先」で修正すれば、政権の無定見ぶりがあらわになり、内閣支持率の低迷に拍車がかかる可能性もある。【大場伸也】

【関連ニュース】
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
<党内にも反対意見>高速料金制度:民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈
<高速料金>エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
<記者の目>高速道路「上限2000円」の新料金=位川一郎

事業仕分け 第2弾傍聴に700人 「マンネリ」批判も(毎日新聞)
阪急京都線で人身事故 10万人に影響 大阪・茨木(産経新聞)
書類の逮捕時間偽装 警視庁 警部ら8人書類送検(産経新聞)
<偽装献金>鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決(毎日新聞)
ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走-埼玉(時事通信)
スポンサーサイト

<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は16日、事業仕分け第2弾の対象候補となる消費者庁所管の「国民生活センター」(相模原市)を訪問した。電気機器などのテストは経済産業省所管の「製品評価技術基盤機構」でも実施しており、枝野氏は「他機関の実態を把握して、重複と言えるか整理したい」と述べた。視察には「仕分け人」の蓮舫民主党参院議員も同行した。

【関連ニュース】
橋下知事:「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール
小沢幹事長:生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否
小沢氏と政策実行グループの絶妙な党内バランスは続くか
民主党:生方副幹事長、更迭 執行部批判で小沢氏強権 辞任要求拒否され
民主県連:県内初、政治スクール開校 第1回講師に枝野大臣 /島根

金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー(医療介護CBニュース)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
事業仕分け 第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き-中国青海省地震で(時事通信)

アクセラ3万5000台リコール=マツダ(時事通信)

 マツダは15日、乗用車「アクセラ」のエンジンルーム内のラジエーターカバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2006年1月から09年3月に製造されたオートマチック車の3万5181台。
 ラジエーターカバーの形が不適切なため、オイルホースと接触して振動による摩擦が起き、最悪の場合、ホースに穴が開いてオイルが漏れ、走行できなくなる恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
レクサスSUV、自主改修へ=世界販売を一時停止
レクサス販売、一時停止=SUVに「横転の危険」報道
トヨタ車、依然6割が「安全」=リコール対応には不満
制裁金追加の可能性=当局がトヨタに通知

高速通信も全国一律化検討=総務省(時事通信)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
中国地震 氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)

介護保険のQ&Aを体系的に整理―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月7日、介護保険最新情報などで示してきた介護保険の運用に関するQ&Aを体系的に整理した「介護サービス関係Q&A集」をまとめ、各都道府県などにあてて送付した。厚労省によると、こうした整理は制度発足後初めて。自治体や事業者から整理を要望する声が多かったという。

 Q&A集には約1200の質問と回答を掲載。介護老人福祉施設や訪問介護事業などのサービス種別や、人員や設備などの基準種別ごとに分類されている。エクセル版では検索も可能だ。また、事務連絡として発出された時期や文書名なども記載されている。

 Q&Aの体系的な整理については、3月5日の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」で方針が示されていた。

 厚労省の担当者は「今後も適宜更新していきたい」と話している。


【関連記事】
介護保険制度への意見を募集―厚労省が初の試み
介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省
要介護認定調査員テキスト修正で事務連絡-厚労省
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省

平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)
調査捕鯨母船が帰港=南極海で妨害受ける(時事通信)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)

米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ-名古屋(時事通信)

 6日午前11時25分ごろ、名古屋市瑞穂区陽明町の歩道で、「女性がバッグをひったくられた」と、通りがかりの宅配業者から110番があった。同市中村区の無職女性(87)に、後方から自転車かオートバイで近づいた男が現金約67万7000円などが入った手提げバッグを奪って逃走したといい、愛知県警瑞穂署は窃盗容疑で男の行方を追っている。
 同署によると、現金は女性が前日に現場近くの料理店で開いた自身の米寿祝いの宴会費で、店に支払いに行く途中だった。逃げた男は灰色の上着に黒っぽいズボン姿だったという。 

【関連ニュース】
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕
万引きで大阪市職員逮捕=09年度だけで20人目
殺害女性のおいを逮捕=カードで現金、窃盗容疑
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で

妊娠装って交際相手から中絶費用だましとる 21歳の女逮捕(産経新聞)
「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)
受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)

普天間、きょうにも閣僚協議(時事通信)

 平野博文官房長官は2日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する鳩山由紀夫首相と関係閣僚の協議を同日中にも行う考えを示した。「本日中か」との質問に、「その方向でやらなきゃいけない」と答えた。
 協議には平野長官のほか、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄担当相が出席する見通し。首相は、訪米を終えて同日帰国した岡田外相の報告などを踏まえ、移設先に関する政府案の調整を急ぐ考えだ。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
日照最少、そしてときどき雪ドガッ 東北・3月(河北新報)
納豆ネバネバに効果あり、池の濁りスッキリ(読売新聞)
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)

<雑記帳>「歌声モノレール」が大人気 千葉市(毎日新聞)

 車窓の春の風景を楽しみながら、みんなで青春の歌を歌いませんか--。千葉モノレール(千葉市)が、走る歌声喫茶「歌声モノレール」の運行を企画したところ、応募が殺到し、定員オーバーとなった。

 1950年代から60年代にかけ流行した歌声喫茶を車内で再現。ビルの合間をぬって市街地から郊外へと走る1時間半、キーボードの伴奏で乗客が声を合わせ、思い出のロシア民謡や昭和歌謡を歌う趣向だ。

 1500円でドリンク付き。受け付け開始から3日で計4両分の定員140人が満席となり、急きょ6月に第2弾を運行することに。赤字経営が続いていたが、この調子なら、線路は続くよ、どこまでも?【奥村隆】

【関連ニュース】
いきいきサークル:歌声喫茶グループ「ハーモニーの会」 /島根
ホテル情報:シーサイドホテル舞子ビラ神戸ほか /兵庫
はとバス歌声喫茶=鈴木琢磨

ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明-米チーム(時事通信)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ-鳩山首相(時事通信)
<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
<原爆症>10人認定 甲状腺機能亢進症は初(毎日新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
プロフィール

はたなかさだおさん

Author:はたなかさだおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。